東海道新幹線の開業と、「踊り子」号が登場するまでを振り返る

東海道新幹線が昭和39年に開業します。東京オリンピックが開催される直前の昭和39年(1959年)10月1日に東海道新幹線は開業しますが、東京オリンピックの開催で日本は戦後復興から大きな躍進をする転機といえるでしょう。まさに高度成長期です。新幹線の開業はもちろん日本で初めてのことであり、そして世界初でのことでもありました。新幹線の開業で、伊豆方面と東京間を結ぶ列車はどのような影響をうけたのでしょうか?!

電車の旅

リサイクルショップ 広島 - 買取についてお知らせ!電動工具買取・貴金属・ブランド品・デザイナーズ家具・厨房機器・音楽機器・電動自転車・バイク・お酒買取など高額対象となっております。

新幹線の開業後して昭和39年に変更されたこと

昭和39年(1964年)10月1日に、新幹線が開通したことで新幹線「こだま」で東京駅⇔ 熱海駅間の所要時間は、1時間を割り込む58分になりました。そして東京駅 ⇔ 大阪駅間の特急「ひびき」に使用されていた157系電車が、新幹線の開業で「ひびき」が廃止されたことで157系電車が余剰になっていたため、「伊豆」に転用されることになりました。そして「伊豆」は東京駅⇔ 伊豆急下田駅・修善寺駅間定期2往復の急行列車へ格上げになります。「伊豆」の編成はどのようになっていたかというと、下田行が7両+修善寺行6両の合計13両編成となっていて、それぞれの編成に一等車を2両ずつ連結しました。

「伊豆」の格上げに関して、残った1往復半は「あまぎ」に組み込まれたため、「あまぎ」は不定期の2往復になりました。そしてこの年は、東京オリンピック開催という国をあげての大イベントということもあり、観光客を誘致するため、東京駅 ⇔ 熱海駅間に151系電車の全車座席指定制臨時急行列車の「オリンピア」が運行されれることになりました。この「オリンピア」は、湘南・伊豆方面へ向かう最初の急行列車になりました。

ぶらり温泉旅

昭和40年~昭和56年

  • 昭和40年(1965年)10月・・・列車名の整理が行われました。「おくいず」は「あまぎ」に統合され「いこい」は「いでゆ」に統合されました。定期の準急は「いでゆ」から「あまぎ」に移り、「あまぎ」は定期5往復半体制となって、「いでゆ」は不定期準急になりました。
  • 昭和41年(1966年) 3月・・・国鉄の料金制度改定に伴って、「あまぎ」「いでゆ」「湘南日光」は準急から、急行に格上げされました。
  • 昭和41年(1966年)10月・・・現在のいわき駅の「平」と 伊豆急下田駅間に、臨時急行「常磐伊豆」を設定しますが、「常磐伊豆」は土曜が下りで日曜は上り運転という運行でした。
  • 昭和42年(1967年) 9月・・・「常磐伊豆」に修善寺行きが設定されました。そして平駅(現:いわき駅)⇔ 伊豆急下田駅・修善寺駅間の列車となりました。
  • 昭和42年(1967年)10月・・・東海道本線三島駅に併設して、新幹線の車両基地ができたことによって、東京駅 ⇔ 熱海駅間の「こだま」が設定されました。
  • 昭和43年(1968年)10月・・・再び列車名の整理が行われます。車両や定期・不定期問わずに、全車指定席の列車は「伊豆」にないります。自由席連結の列車は「おくいず」となって「いでゆ」「あまぎ」は廃止となりました。
  • 昭和44年(1969年)4月・・・車両基地のあった三島駅を新幹線の停車駅となります。東京駅 ⇔ 熱海駅間の区間運行だった「こだま」は、すべて三島駅まで運転となりました。そして「伊豆」は前年10月の改正で、153系電車と157系電車の両方が使用されるようになっていましたが、二等車のサービス格差が大きいことから157系電車使用の列車を特急列車に格上げして、157系電車は「あまぎ」と命名されました。
  • 昭和45年(1970年)10月・・・「湘南日光」の最後の時期は、伊東行きだけの運転になっていましたがこの「湘南日光」が廃止となりました。
  • 昭和47年(1972年)11月・・・「常磐伊豆」が廃止となりました。
  • 昭和50年(1975年)3月・・・「伊豆」の修善寺発着編成のうち、1往復に連結されていたグリーン車を廃止しました。修善寺の発着する車両編成は、全列車が普通車だけの列車になりました。
  • 昭和51年(1976年)3月・・・「あまぎ」に使用されていて157系電車が老朽化したことから、「あまぎ」に使用される車両は183系電車に置換えられました。これはまさに157系電車の終焉とも言える出来事です。183系になったことに合せて自由席が連結されました。また「伊豆」にも自由席が連結されることとなったためことから、「おくいず」を「伊豆」に統合しています。
  • 昭和56年(1981年)3月・・・「伊豆」の車両が、老朽化した153系電車から順次新しく登場てきた185系電車に置換えられました。185系に置き換えられた理由は、この年の10月に運転が開始される「踊り子」に185系系を使用することになっていたことから、試験運用も兼ねた先行投入といえるものでした。185系電車は153系電車との併結列車も存在していました。
伊豆にいこう
踊り子号に乗って伊豆へ行こう

踊り子号に乗って東伊豆の温泉でほっこりとリラックスした時間を楽しみましょう。

踊り子号に乗って伊豆へ行こう